Invest in Emilia-Romagna | 対象国:日本 |

対象国:日本

エミリア=ロマーニャ州の紹介には、既に日本語に翻訳されているパンフレット、『エミリア=ロマーニャ州に投資する15の理由』をご覧ください

 

  • エミリア=ロマーニャ州における日本の投資企業

japan1

日本はエミリア=ロマーニャ州における外国投資の源泉となる重要な国を代表しています。以下に、いくつかの例を示します:
2000年よりトヨタグループに組み込まれた CESAB Carrelli Elevatori はボローニャとフェッラーラに所在し、カウンターバランス電気カートおよびフォークリフトを幅広い分野にわたり製作しています。
本社がパルマにある BUONGIORNO spa は、2012年よりNTTドコモ の傘下に入りました。この企業は、支払いおよびアプリケーションの開発と管理のための mコマース  のマクロ業界で事業展開を行っています。
トプコン日本の多国籍企業で、東芝グループに属し、精密測位用機器の製造に従事しています。2014年には、モデナ県に新しい技術センターを設立するための投資プログラムを開始しました
TGKは日本の多国籍企業で、化学、金属加工、機械分野における、電気/電子および機械部品の製造に携わっています。ヨーロッパにおける本拠地である TGK Europe はパルマにあります。
板金加工機械分野 分野におけるAMADA イタリアは、日本において同名グループに属する企業のうちの一社です。ピアチェンツァ県ポンテヌーレに所在する技術センターにはオフィス、ショウルーム、倉庫が設備されています。

  • エミリア=ロマーニャと日本間の輸出入

日本はエミリア=ロマーニャ州にとって商業上、特に輸出の面で、非常に大切なパートナーです。2013年には8億2600万ユーロ (州全体の1.6%) を計上しました。一方輸入においては、それほど顕著ではなく、2億4100万ユーロ (州全体の0.8%) に止まっています。
過去10年 (2006年~2015年) におけるエミリア=ロマーニャ州から日本への輸出は34.7%の成長を示し、不況以前のレベルをはるかに上回りつつあります。一方輸入は異なる傾向を示しています。2004年~2007年の間の急成長後、不況下では減少を示し、それが2013年まで続きました。


エミリア=ロマーニャと日本間の輸出入 (2002年-2015年)
単位:ユーロ - 出典:Istat-Coeweb

japan2


エミリア=ロマーニャ州から日本への輸出において主要な区分は、機械で、ファッションがそれに続き、両者を合わせると全体の65%を占めています。その主要分野の中でも特に際立つものに、「衣服・装身具」と「自動車」が見られます。輸出ではそれ以外にも、食品・農産業と健康分野が際立っています。
日本からの輸入では機械分野のみに集中していると言っても過言ではなく、そのうちの、特に「生産用機械器具」と「輸送機器」が突出しています。

2015年の生産工業別エミリア=ロマーニャと日本間の輸出入単位:ユーロ - 出典:I
stat-Coeweb

japan3

 


  • 関係連絡先

在イタリア日本大使館 - http://www.it.emb-japan.go.jp/ (ローマ)
在イタリア日本商工会議所  https://ccigi.org/ (ミラノ)
在日イタリア商工会議所 - http://www.iccj.or.jp/ (東京)
ナウシカ オペラ インターナショナル - http://www.nausica.org/ (パルマ)


 


 

Strumenti personali

Invest è realizzato da Ervet s.p.a su incarico della Regione Emilia-Romagna

Via Morgagni, 6 - 40122 Bologna tel. 051/6450411 - P.I. 00569890379 - fax 051/6450310 - e-mail: investinemiliaromagna@ervet.it - info@ervet.it